雨宮勇徒の研究室[教育・南海トラフ地震対策・原子力]資格試験情報語学系資格試験

TOEIC Bridge

資格概要

TOEICの特長を備えつつ初・中級レベルの英語能力測定に照準を合わせて設計されたテスト。TOEICテストよりも日常的で身近なコミュニケーション場面や素材をテスト問題に採用している。リスニングセクションの出題スピードはTOEICテストより遅く、ネイティブスピーカーが「注意深く」話す際のスピード。

テスト結果は、リスニング10〜90点、リーディング10〜90点、トータル20〜180点のスコアで2点刻みで表示と、5分野[Functions(言葉のはたらき)・Listening Strategies(聞く技術)・Reading Strategies(読む技術)・Vocabulary(語彙)Grammar(文法)]3段階(1〜3)のサブ・スコアを表示。

試験内容

リスニングセクション(25分間・50問) 会話やナレーションを聞いて設問に解答

リーディングセクション(35分間・50問) 印刷された問題を読んで設問に解答

試験日

年四回。全国13都市(札幌・仙台・埼玉・千葉・東京・神奈川・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・福岡)で開催。

受験料

4,200円

問合せ先

(財)国際ビジネスコミュニケーション協会 TOEIC 運営委員会 TOEIC Bridge事務局 東京業務センター
〒100-0014 東京都千代田区永田町2-14-2 山王グランドビル
TEL:03-5521-6007

TOEIC Bridge

戻る[語学系資格試験]

雨宮勇徒の研究室[教育・南海トラフ地震対策・原子力]