雨宮勇徒の研究室[教育・南海トラフ地震対策・原子力]資格試験情報情報系資格試験>システムアーキテクト試験

システムアーキテクト試験

アプリケーションエンジニア試験から移行。

試験概要

試験の対象者像・役割と業務・期待する技術水準

情報処理推進機構出題範囲・スキル標準参照。

試験日

10月第3日曜日

願書受付

7月中旬から約1か月間

情報処理推進機構のサイトから受験の申し込みができます

合格発表

試験実施の約2か月後

受験料

5,100円

試験形式・時間

午前T9:30〜10:20 (50分)
多肢選択式 (四肢択一)出題数:30問

午前U10:50〜11:30 (40分)
多肢選択式 (四肢択一)出題数:25問

午後T12:30〜14:00 (90分)
記述式4問中2問解答

午後U14:30〜16:30 (120分)
論述式3問中1問解答

午前T出題範囲

テクノロジ系・マネジメント系・ストラテジ系のレベル3

各分野の詳細は情報処理推進機構試験要綱・シラバス参照。

午前U出題範囲

テクノロジ系:コンピュータシステム・コンピュータ構成要素レベル3、システム構成要素レベル3。技術要素・データベース、ネットワーク、セキュリティレベル3。開発技術・システム開発技術レベル4、ソフトウェア開発管理技術レベル3。マネジメント系:プロジェクトマネジメントレベル4、サービスマネジメント・サービスマネジメントレベル3。ストラテジ系:システム戦略・システム企画レベル3、企業と法務・法務レベル3。

午後出題範囲

〔情報システム〕契約・合意に関すること、企画に関すること、要件定義に関すること、開発に関すること、運用・保守に関すること、関連知識。

〔組込みシステム〕機能要件の分析,機能仕様の決定に関すること、機能仕様を満足させるハードウェアとソフトウェアの要求仕様の決定に関すること、組込みシステムに応じた開発手法の決定、用的モジュールの利用に関すること。

学習方法

学習テキスト

戻る[情報系資格試験]

雨宮勇徒の研究室[教育・南海トラフ地震対策・原子力]