土用の丑の日[うなぎ]

名古屋の自宅お取り寄せグルメ>土用の丑の日[うなぎ]

名古屋名物「ひつまぶし」の店舗案内

土用とは、雑節(節分、彼岸、八十八夜など)の一つで、立春・立夏・立秋・立冬の前18日間のことです。その中で十二支の丑の日を「土用の丑の日」を呼び、特に夏の丑の日には鰻を食べる習慣が根付いています。

土用の丑の日に鰻を食べるようになったのは、平賀源内が始めたという説が有力です。夏に鰻が売れるように平賀源内のところに鰻屋が相談に行ったところ、「丑の日に『う』のつく物を食べると夏負けしない」という民間伝承からヒントを得て、平賀源内のお墨付きで店先に「本日丑の日」と貼ったところ大繁盛したという話から、現在のように定着したようです。

夏以外の土用の丑の日に鰻を食べる動きもあるが、まだ定着には至っていません。

また韓国では、7月中旬から8月上旬(三伏)にサムゲタン を食べると健康によいとされています。

2017年、冬の土用の丑の日は1月26日(木)。春は4月20日(木)、5月2日(火)。夏は7月25日(火)、8月6日(日)。秋は10月29日(日)です。

2018年、冬の土用の丑の日は1月21日(日)、2月2日(金)。春は4月27日(金)。夏は7月20日(金)、8月1日(水)。秋は10月24日(水)、11月05日(月)です。

きざみうなぎの蒲焼き 20匹に1匹の幻のアオテうなぎ
1食あたりうなぎ(国内産)50g、たれ25g
国産うなぎの通販 川口水産
愛知県三河一色産の極上ウナギです。
うなぎ一尾…140g 特製うなぎタレ付き
うなぎ通販の美食市
うなぎ 開き(生)・肝付き うなぎ 蒲焼き
天然水で数日泳がせた後、活け〆にしています。
愛知県一色産うなぎ開き(生)・肝付き 約300g (冷蔵)

究極の食道楽「うまいもんドットコム」
愛知県一色産 うなぎ蒲焼き 200g前後
究極の食道楽「うまいもんドットコム」
戻る[お取り寄せグルメ]

名古屋の自宅[回転寿司屋・グルメ紹介]

雨宮勇徒の研究室[教育・南海トラフ地震対策・原子力]