雨宮勇徒の研究室[教育・南海トラフ地震対策・原子力]資格試験情報語学系資格試験

通訳案内士

資格概要

国家資格。訪日外国人が快適な旅行を楽しめるように英語をはじめ、外国語で旅行に関する案内を行う。

試験内容

筆記(第1次)試験

筆記試験T:外国語についての筆記試験 (記述式)

英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、韓国語及びタイ語のうち、受験者の選択する1ヶ国語(ただし、ソウル市では韓国語のみ、北京市、香港及び台北市では中国語のみ実施)

筆記試験U:日本語による筆記試験 (マークシート方式)

(ア)日本地理、(イ)日本歴史、(ウ)産業、経済、政治及び文化に関する一般常識

口述(第2次)試験

通訳案内の実務(筆記試験Tで選択した外国語による実践的コミュニケーション能力。人物考査を含む。)

試験日

一次:9月上旬

札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、京都府、広島市、福岡市、那覇市、ソウル市、北京市、香港、台北市

二次:11月下旬〜12月上旬

英語、中国語については、東京都、京都府及び福岡市
英語、中国語以外の外国語については、東京都
英語、中国語受験者で筆記試験を東京都、京都府及び福岡市で受験した者は当該受験場所と同一の場所で口述試験を受験しなければならない。

受験料

8,100円

問合せ先

〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
国際観光振興機構 国内サービス部 通訳案内士試験係
TEL:03-3216-1903

JNTO:通訳案内士試験概要

戻る[語学系資格試験]

雨宮勇徒の研究室[教育・南海トラフ地震対策・原子力]