雨宮勇徒の研究室[教育・南海トラフ地震対策・原子力]資格試験情報法律系資格試験

弁理士

資格概要

特許や実用新案、意匠、商標の出願代行、権利侵害に対する審判請求などを行う。

試験内容

1次試験 短答式(択一式):特許法、実用新案法、意匠法、商標法、工業所有権に関する条約(パリ条約、特許協力条約など)、著作権法、不正競争防止法

2次試験 論文式:工業所有権に関する法令(特許法、実用新案法、意匠法、商標法)、選択科目(地球工学、機械工学、物理工学、情報通信工学、応用科学、バイオテクノロジー、弁理士の業務に関する法律の中から予め一科目選択)。1次試験合格者のみ

3次試験 口述式試験。2次試験合格者、前年の3次試験不合格者のみ

試験日

1次試験:5月下旬。2次試験論文式試験必須科目:7月上旬。論文式試験選択科目:7月下旬。口述試験:10月中旬。

受験料

12,000円

問い合わせ先

特許庁総務部秘書課弁理室
100-8915 東京都千代田区霞が関3-4-3
03-3581-1101(内線2020)

特許庁

戻る[法律系資格試験]

雨宮勇徒の研究室[教育・南海トラフ地震対策・原子力]