雨宮勇徒の研究室[教育・南海トラフ地震対策・原子力]資格試験情報工学系資格試験

建築士

資格概要

一級建築士は、国土交通大臣の免許を受け、一級建築士の名称を用いて、設計・工事監理等の業務を行うものである。複雑・高度な技術を要する建築物を含むすべての施設の設計および工事監理を行うことができる。

二級建築士は、都道府県知事の免許を受けて、二級建築士の名称を用いて、設計・工事監理等の業務を行うものである。一定規模以下の木造の建築物、および鉄筋コンクリート造などの主に日常生活に最低限必要な建築物の設計、工事監理に従事する。

木造建築士は、都道府県知事の免許を受け、木造建築士の名称を用いて、木造の建築物に関し、設計、工事監理等の業務を行う者である。

受験資格に、建築の専門教育と実務経験が必要。

試験内容

学科の試験・設計製図の試験

試験日

一級建築士

学科の試験:7月下旬、設計製図の試験:10月上旬

二級建築士

学科の試験:7月上旬、設計製図の試験:9月上旬

木造建築士

学科の試験:7月下旬、設計製図の試験:10月上旬

受験料

一級建築士:19,700円、二級建築士・木造建築士:16,900円

問い合わせ先

公益財団法人建築技術教育普及センター

戻る

雨宮勇徒の研究室[教育・南海トラフ地震対策・原子力]