雨宮勇徒の研究室[教育・南海トラフ地震対策・原子力]資格試験情報法律系資格試験

ビジネス実務法務検定試験

資格概要

法務部門に限らず営業、販売、総務、人事などあらゆる職種で必要とされる法律知識が習得できる。

1級

業務上必要な法律実務知識をビジネス全般にわたって持っており、その知識に基づいて多面的な観点から高度な判断・対応ができる。(実務的対応能力としてのアッパーレベルを想定)

2級

企業活動の実務経験があり、弁護士などの外部専門家への相談といった一定の対応ができるなど、質的・量的に法律実務知識を有している。(知識レベルとしてのアッパーレベルを想定)

3級

ビジネスパーソンとしての業務上理解しておくべき基礎的法律知識を有し、問題点の発見ができる。(ビジネスパーソンとして最低限知っているべき法律実務基礎知識を想定)

試験内容

1級

論述問題

共通問題 2時間 民法および商法を中心に、できるだけ全業種に共通して発生することが考えられる法律実務問題

選択問題 2時間 特定の業種に関連する一定の法律をクローズアップして出題

・取引上のトラブルを処理

・取引関係に立たない第三者とのトラブルを処理

・法務関係の上司や弁護士などの専門家に法的トラブルの顛末・処理方法を報告

・予防法務的観点からトラブルになりそうな問題に対応

2級

マークシート方式 2時間

・取引を行う主体

・会社取引の法務

・会社財産の管理・活用と法律

・債権の管理と回収

・企業活動に関する法規則

・会社と従業員の関係

・紛争の解決方法

・国際法務(渉外法務)

3級

マークシート方式 2時間

・ビジネス実務法務の法体系

・取引を行う主体

・法人取引の法務

・法人財産の管理と法律

・債権の管理と回収

・企業活動に関する法規制

・法人と従業員の関係

・ビジネスに関連する家族法

試験日

7月、12月

受験料

]

1級

10,800円

2級

6,480円

3級

4,320円

問い合わせ先

東京商工会議所

戻る[法律系資格試験]

雨宮勇徒の研究室[教育・南海トラフ地震対策・原子力]