雨宮勇徒の研究室教育問題

高等学校卒業程度認定試験

高等学校卒業程度認定試験は昔『大学入学資格検定(大検)』と呼ばれていた資格で、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があるかどうかを認定するための試験です。大学・短大・専門学校の受験資格が与えられます。一度合格した科目は何年経っても有効です。

試験日:年二回(8月・11月)

試験科目

必修科目:国語(国語総合)、数学(数学T)、英語(コミュニケーション英語T)

地理歴史:世界史 A、世界史 Bいずれか1科目必修
日本史 A、日本史 B、地 理 A、地 理 B のうちいずれか1科目必修

公 民:現代社会もしくは、
倫理および政治・経済の2科目 必修

理 科:「科学と人間生活」の1科目と「物理基礎」、「化学基礎」、 「生物基礎」、「地学基礎」のうち1科目もしくは、
「物理基礎」、「化学基礎」、「生物基礎」、「地学基礎」 のうち3科目必修

【戻る】[教育問題]

雨宮勇徒の研究室[教育・南海トラフ地震対策・原子力]